Canon Powershot Gシリーズ  その2
「温故知新シリーズ」

PowerShot G5です。

d0122257_6545131.jpg


2003年の9月頃入手したと思います。
「DIGIC」が搭載され、画像面での改善はもちろん、起動時間等操作面でも、G2より、かなり軽快な印象を受けました。


にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へをぽち!とクリックしたあと、続きの↓をクリックしてください




作例は、2003年9月頃より、2004年後半のものです。

富士山の5合目
あまりの風の強さに、思わずをさけぶ、ねーね(w

9月頃の撮影ですが、下界はまだ「夏」
しかし、5合目は、立っていられないほどの冷たい強風が吹荒れていました。
d0122257_657505.jpg


d0122257_703818.jpg


「忍野八海」
d0122257_70514.jpg


d0122257_72631.jpg


d0122257_722246.jpg


d0122257_723438.jpg


銀座の日産ショールームにて
d0122257_735697.jpg


d0122257_74973.jpg


d0122257_74291.jpg


2004年後半で、ようやく「長男」が登場します(w
d0122257_75474.jpg



画素数のハナシを昨日しましたが、スナッチ的には、
ハイアマチュア用のデジタル1眼で、600万画素、コンシューマー用のコンデジは400万画素
あれば十分だと思います。
コンデジで1000万画素って、「いったい何するの?」って思いますよ。だれもがA3サイズにプリントするわけじゃないでしょうし(w
それよりも、より「きれいな絵」が描けるよう映像エンジン(いわば、レシピのようなもの)の開発に各メーカーは、よりコストをかけたほうがいいと思います。

「高画素」=「大きくプリントできる」
「高画質」=「色をつけるレシピとセンサー性能が重要」・・・・・(ですからメーカーによってレシピ、センサーの違いがあり、画質の違いが出るわけです)

と理解してください。

プロ用デジタル1眼の高画素化は、理解できますが、スナッチ的には、「トリミング」の自由度がより大きくなる程度かな??




にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へをクリックしてください。ランキング参加してます。皆さんの応援ぽち!が毎日頑張るエネルギーになります。
↑のバナーをクリックするとポイントが加算されますのでお願いします!(1日1回だけ有効です~)
by snatchshot | 2008-10-27 07:05
<< Extreme OH!saka... Canon Powershot... >>